ウサギの不正咬合



ウサギさんの不整咬合は、とても多い症例です。赤丸印のように内側にとがってしまうと食べる時に舌にあたり、痛くて食欲が低下します。歯があたる舌に炎症を起こすこともあります。また外側にとがってしまうと、頬にあたります。とがった歯で頬に穴が開くと、その部分から細菌が侵入し膿瘍を作ります。よって定期的に削らなければいけない子もいます。口をモグモグしていたり、ヨダレが出ていたり、食欲が低下している子は、要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です